エピナードVS自己処理
  • TOP
  • エピナードVS自己処理

実は自己処理はキケン!?

脱毛の自己処理は、おそらくほとんどの女性が行っているのではないでしょうか?

脱毛サロンに行く前にも、家庭用脱毛器で処理する前にも、自己処理は必要となっています。

様々な自己処理の方法がある中で、それぞれとエピナードを比較し効果を比べていきたいと思います。

  手軽さ 即効性 肌への
負担
持続性 概説
剃る × カミソリを使用し、皮膚から出ている毛部分を処理する。毛根には直接的に作用するわけではないので、すぐに新しいムダ毛が生えてくる。
抜く × 毛抜きを上手に駆使し、用途に合わせて毛を抜くことができます。毛根から引っこ抜くため、持続性が高いのもメリットです。しかし、皮膚を引っ張ることで傷めてしまったり、抜くときに痛みがあったりします。
ワックス 脱毛シートにワックスを塗布し、それを肌に充てて剥がす脱毛方式です。毛を抜くことになりますので、毛根から脱毛でき、次に生えてくるまでのスパンは、剃ったりするよりも長いです。剥がすときの痛みや、皮膚への負担は考慮すべきです。
脱色 × 薬剤を皮膚に塗り、ムダ毛の色を抜く方法です。毛そのものはなくならないので、チクチクしたりすることもなく、自然な仕上がりになります。使用後は肌の保湿が必須です。
クリーム × 除毛クリームで、皮膚の上に出ている毛を溶かします。剃るのとは異なり、刃物を直接肌へ触れさせることはないので、負担は少ないですが、薬剤で毛を溶かすので、使用後は肌のお手入れも入念に行ってください。
ご購入はこちら